飛蚊症の原因

どのような事が原因として考えられる?

飛蚊症の大半は、生理的飛蚊症。
老化現象の一つと言われていますが、病気とは無関係で10代の頃から症状が現れる事も有ります。

その場合も老化と言って良いのか?
微妙な所ですよね。

そこで、どんな事から飛蚊症となるのか。
どのようなメカニズムが有るのかなど、調べた事についてまとめてみました。

加齢による生理的飛蚊症
高齢になるにつれ、発症数が増える生理的飛蚊症。硝子体の成分が加齢と共にどんな変化があり飛蚊症を起こすのか。他にも、その過程で引き起こされる恐れのある網膜の病気に関するリスクなどに触れています。

生理的飛蚊症のメカニズム
生理的飛蚊症のメカニズムについて、参考情報(PDFファイル)などを頼りにより具体的な解説を行っています。原因がはっきりすれば、普段から、どのような事に取り組めば、改善する可能性が有るのか見えてくるかもしれません。

活性酸素の悪影響
加齢にしても、生理的飛蚊症のメカニズムにしても、それらはあくまでも飛蚊症が起こる過程に関わる話です。その根本原因の一つと考えられる活性酸素について。どのような悪影響をもたらすのか。また、どうすると増えてしまうのか。

病気では無いので治療して貰えない飛蚊症ですが、こうした原因を何となくでも理解する事が出来れば、なぜ症状が進行したのか。悪化したのかは、心当たりが出てくるかもしれません。

そうすれば、生活習慣を見直したり、目の健康に良い栄養を取り入れたりと、色々と出来る事が見えてくると思います。