加齢による生理的飛蚊症

加齢に伴い飛蚊症の割合度合いが進行

飛蚊症が少しずつ加齢に伴い現れている場合を生理的飛蚊症と言います。

多くの場合は高齢になるほど患者数が増えます。
主な原因は、加齢により硝子体の組織が変性してしまう事が関係しているようです。
簡単に考えるなら、肌のシワと同じように硝子体そのもののハリが失われたと考えると良いのかなと思います。

硝子体は、その殆どが水分です。
99%が水分との事。

その水分を保つ役割を担っているのがヒアルロン酸です。
そして、ヒアルロン酸を確保する為に、硝子体膜というコラーゲンの網が有るそうです。

ですが、老化すると眼球の形状が変化して遠視の傾向が強くなりますが、硝子体の水分も少しずつ抜け始める事が有るようです。

なぜ水分が抜けるのかと言えば、
硝子体のヒアルロン酸が足りなくなったからだと考えられます。

すると、ヒアルロン酸にくっついていたコラーゲンの網も壊れてしまいます。
その壊れた網の一部が硝子体内部に入り込み、飛蚊症となる事が有るようです。

この説について、詳しくはこちらに掲載。
生理的飛蚊症のメカニズム

それだと、黒い線のように見える事が納得出来ますね。
半透明に見えていたのは、まだ出来たばかりの飛蚊症。
それが時間と共に酸化していくと黒色が濃くなってくるのかもしれません。

何はともあれ、こうして老化とともに飛蚊症が進行していくとの事のようです。
ただ、これは、飛蚊症だけですが、場合によっては、網膜に悪影響をもたらすことも・・・。

硝子体収縮と網膜裂孔

老化によって、硝子体から水分が抜けて萎んでいく時、網膜を傷つける事が有ります。
これは、硝子体膜と網膜が癒着している時に起こります。

癒着とは、組織同士が融合してしまっているというイメージですね。

硝子体収縮で硝子体の体積が小さくなっても癒着したままだと、網膜が引っ張られて傷つき、網膜裂孔を起こしたり、酷い時には、網膜剥離へ発展する事もあるようなので注意が必要。

よほどの事が無いとそうはならないと思いますが、出来れば避けたいものです。
飛蚊症どころの話じゃありません・・・。

また、硝子体収縮の時、硝子体膜の一部が網膜側に残ってしまう事もあるようです。