活性酸素の悪影響

活性酸素が悪影響をもたらしているかも

ヒトは、呼吸を一回するだけで活性酸素が発生するようです。
酸素を取り入れて呼吸する事で生きている以上、その代謝の課程で活性酸素が生み出さてしまいます。

生きている以上、活性酸素の発生を逃れる事は出来ません。

活性酸素は、活発な酸素。
大気中に存在する酸素のように安定せず不安定なので細胞を攻撃してしまいます。

でも細胞が活性酸素に攻撃されないように、
ヒトの体には抗酸化成分というものが有ります。

この方々がにっくき活性酸素の悪さをしないように抑えてくれるのです。

でも、それは、正常(健康)な場合。
普段の生活のあらゆる事で大事な抗酸化物質が失われてしまいます。

日ごろの生活習慣の中で増える活性酸素

生活の中にも活性酸素が増える要因が沢山あります。

  • ストレス
  • 煙草の喫煙
  • 運動して汗をかく
  • 紫外線
  • 飲酒
  • 汚染された空気を吸う
  • 睡眠不足
  • 高コレステロール食材
  • 添加物の多い食材
  • 甘いお菓子類

普段から関わり有るものばかりですよね。
こういうものが活性酸素を増やしてしまい、体の抗酸化力を弱くしてしまうのです。

特に、煙草の喫煙やストレスは、特によく有りません。
実体験に限った話ですが、喫煙をしていた頃は飛蚊症が悪化する一方でした。

飛蚊症と同じように、加齢に伴い発症数が増えている加齢黄斑変性症は、
喫煙者が非喫煙者の2.5倍も高くなっているようです。

まさに、煙草は百害あって一利なし。

都会を中心に多い汚染された空気を吸う事も悪い影響をもたらします。

そんな生活を続けた先には、
青空を眺めた時のウジャウジャした飛蚊症なんて事にもなり兼ねません。

抗酸化物質の事を知る

ヒトの体内でも色々と抗酸化物質は作り出されています。

スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)
特に、皮膚組織で重要な役割をする抗酸化物質で、壊される細胞を減らしたり蘇らせる働きがあります。体内で作られるも、年齢を重ねる毎に量が減るので、補っていく必要があります。
コエンザイムQ10
強い抗酸化作用と共に、体内のエネルギー源の一つであるATPを作り出すのに必要な補酵素の一つです。コエンザイムQ10の血中濃度が低下する事と病気が関係していると言われています。
リポ酸
体内で作り出されるビタミン様物質で、活性酸素の害を抑えてくれます。
また、ビタミンCやビタミンEが不足している時に、代わりに働いてくれる働きがあります。

これら抗酸化物質も加齢と共に生産量が減少してしまいます。
減ると飛蚊症だけでなく、健康そのものに悪影響する恐れありです。

その為にも、抗酸化物質を上手に取り入れておきたいものですね。