治療できる目薬は無いの?

飛蚊症を目薬で治療する事は出来ないのでしょうか?

飛蚊症を治療できる目薬は無いようです。

飛蚊症というのは、眼球内で起こってます。
つまり、眼の内側なので目薬(点眼薬)のように眼の表面に作用するものでは意味が無く、作用の仕組みも想像出来ません。

そう考えると、飛蚊症を点眼で治療でいる薬剤というのは、
もし出来たとしても効果は薄いかもしれません。

もしも、飛蚊症の原因に活性酸素が関係していたとするなら、ビタミンEなどの抗酸化物質を配合した目薬を使用する事で、もしかしたら、進行を遅らせる事が可能となるかもしれませんが、確実な事は言えないように思います。

むしろ、それなら、白内障の方に有効かもしれませんね。
白内障は、水晶体なので角膜から浸透さえすれば、効果が期待できます。

飛蚊症に対しては、うーん・・・。

抗酸化成分の配合している目薬によって、眼の表面やまぶたの裏側などの粘膜組織を保護する事は出来るので、そういった事を第一に考え、そのオマケで飛蚊症の進行を遅らせる働きも有ればなぁ程度の期待レベルに留めてくのが良いと思います。

調べてみると、処方された目薬の組み合わせによっては、
飛蚊症を悪化させるかもしれないようです。
飛蚊症と目薬について - 病気 - 教えて!goo

ただし、これも自覚症状の範囲で、目薬を使用する前から飛蚊症が有り、実は、あまり気づいていなかったという事も考えられます。私も時々、飛蚊症が全く気にならない事が有るので、見えていても意識しなえれば見えないという事と同じかなと思えます。

眼鏡をかけたまま眼鏡を探した経験がある人なら、実感しやすいかもしれません。笑

年齢や症状によっての影響の大小も考えられますが、高齢になるほど悪化しやすく回復が遅くなり兼ねませんので注意したいものです。

気がついたなら、早めに取り組めれば良いですね。