レーシックでは治らない?

レーシック手術で飛蚊症を治療出来ないの?

これは・・・。
どう考えても治せませんね。

もしも、レーシックで飛蚊症が治療出来れば、
それこそ、視力が回復して視野障害も改善してと一石二鳥。
今よりもレーシックの需要が高くなるかもしれません。

レーシック手術というのは視力回復に用いるものですが、正確な意味での視力が良くなるわけでは有りません。角膜(眼球の表面)の凹凸をレーザーで削る事で調整し、光が網膜で像を結びやすくする方法です。

なので、水晶体も網膜もノータッチ。
ましてや飛蚊症の原因がある硝子体は、レーシックと無関係です。

飛蚊症が角膜表面に付いているゴミだと勘違いしていると、こうした誤解を持つかもしれません。

また、調べてみると、レーシックの手術をした後から飛蚊症が酷くなったという症例もあるらしく、ものはピンぼけしなくなっても、その分、黒い点やら線が見えるようになるなら、なんだかうれしく無い結果ですね・・・。
レーシック手術後、飛蚊症になってしまいました

直接的な原因は、ちょっと「?」な所があるので、レーシック手術が原因ではなく、元々有った飛蚊症が視界がくっきりするようになった事で意識するようになり、気がつくようになったのかもしれません。

尚、生理的飛蚊症が有っても、レーシックを受けるのは特に問題無いようです。

網膜剥離や糖尿病網膜症など、失明の危険性がある網膜の病気がある場合には、手術の前で拒否されることになると思います。

飛蚊症を改善できる手術は、硝子体入替かアメリカの眼科医の一部で行われているレーザー治療がありますが、どちらにしても、改善されないケース、再発するケースというものがありますので、まだまだ、手術による改善は難しい事でしょう。