強度の近視だと発症しやすい?

強度の近視があると飛蚊症を発症しやすいのは本当?

発症しやすいと言われているようです。

生理的飛蚊症の場合は、老化現象の一つとして症状が現れるので、近視や遠視は関係ないと考えられます。しかし、元々近視だという事は、眼の機能が潜在的に弱いというのは十分に考えられる事です。

また、後部硝子体剥離のような病気のリスクも高くなる恐れもあるようです。

原発的に強度近視の場合は、眼球の長さ(眼軸長)が平均よりも長く、老化によって眼球の形状が変化するのも早く、その際に、網膜と硝子体が剥がれてしまい、後部硝子体剥離がきっかけとなり、網膜裂孔、網膜剥離などを引き起こす事も考えられます。

これらの病気が発症する際に、網膜から出血が起これば、それも飛蚊症の一つの原因(硝子体混濁)ともなりますし、眼球が人より弱いという事は、硝子体の組織自体も弱りやすいという事があるかもしれません。

硝子体混濁は、正確には、眼球内の出血によって硝子体に血液が入り込むので、飛蚊症のような見え方よりは、霧視(むし)のように見えるんでしょうが・・・。

直接的な要因、間接的な要因を踏まえても、飛蚊症になりやすいだけでなく、その他の続発的な眼病を引き起こしやすいのは言うまでも有りません。

強度近視の場合は、症状の進行を遅らせるためにも、一般的な飛蚊症の人よりも眼の健康を考えた生活を人一倍意識する事も大切なのかもしれません。